• ゲルソン療法とは?

    ガン予防や治療の食事療法として欧米で知られているゲルソン療法。無塩食や大量の野菜ジュース・スープが特徴的であり、糖尿病や高血圧、関節炎、アレルギーなど様々な病気にこの療法が用いられています。ゲルソン療法は、この療法の生みの親であるマックス・ゲルソンのある悩みから誕生しました。

    ゲルソン療法のルーツ

    1881年にドイツに生まれたゲルソンは、幼い頃から重度の偏頭痛に悩んでおり、ある時、食事を変えたことによって偏頭痛が治ったという論文に出会い、自らが実験台となって様々な種類の食事を試みるようになります。そしてついに、長年悩まされていた偏頭痛が、塩分や脂肪分の制限と新鮮な野菜や果物を食べることでコントロールができたと言われています。これがゲルソン療法のルーツであり、その後研究を重ねて肺結核や心臓病など多くの病気にも用いられました。

    ゲルソン療法のアプローチ

    ゲルソン療法では、ガンの腫瘍はガンの症状のひとつでしかないと捉え、ガンという病気は腫瘍を生むような代謝障害のことであり身体全体の問題であるとしています。そのため、ゲルソン療法ではガンを助長する食品を排除し、大量の野菜ジュースやスープなどをとることを要として、身体の解毒や栄養素の補給を行って自然治癒力を高めることで身体全体を健康な状態に導き、薬を使わない治療法として注目を集めています。

    ゲルソン療法には、大量の野菜の摂取が欠かせません。そこで効率よく野菜の栄養素をしっかりと摂りたい方におすすめなのが、コールドプレスジュースです。コールドプレスジュースは、食べる野菜スープなどヘルシー志向なものが好きな方やダイエットをお考えの方といった、健康に関心を持つ方などから人気を集めています。

    神戸にある当店では、製法や素材にこだわって作った、野菜や果物が持つ良質な栄養素を効率的に摂取できるコールドプレスジュースの販売を行っています。神戸にてコールドプレスジュース専門店をお探しの際は、当店をぜひご利用ください。